関連グッズレポート

花粉番で減感作療法

 ついに手に入れました。スギ、ヒノキ両花粉の対策がこれ一本で出来てしまうというスーパードリンク花粉番。先日ネットで注文していたものが届きました。

スーパードリンク花粉番(スギ・ヒノキ花粉エキス)

 すでに年末にスギ花粉エキスを飲んでバッチリ対策したのですが、もう一本飲んで完全に体を慣らしてしまいましょう。

kafunban

味はすっきりフォレストと変りません。アレルギー症状が出ることもなく一日経過したので、飲む量を増やしていこうと思います。

※ちなみに今回も買い物させて頂いた京都太秦しぜんむらというお店、注文するたびに梅干しくれます。(笑) 送料も無料で、消費税分他の店より安いのでマジおすすめですよ。

※2019年3月追記

スーパードリンク花粉番ですが、現在売っているお店はなくなってしまったようです。。
類似商品で似たものは「すぎ・ひのきドリンク」というのがありました。

この「すぎ・ひのきドリンク」、原料は杉と檜だけ!昔から杉や檜は常飲されていたそうな。商品のレビューでも効果があったと書いてあるユーザーが多いので、試して見る勝ちはありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉レスキューバン

本ブログはアレルギー体質を改善することを目的としていますが、体質改善がシーズンに間に合わなかったといって「残念でしたね。また来年に向けて頑張りましょう♪」というのは、余りにも無責任だとおもうので、対処療法的なTIPSも随時更新していき隊と思います。

できるだけ、副作用がない外科治療ではない、という条件を満たしたものになります。

で、この「花粉レスキューバン」。

なんでも

モニターテストで70%以上の人が症状改善!

という素晴らしい商品らしいです。

どのように使うかというと、直径1.7cmの絆創膏を、花粉ポイントと呼ばれる耳の後ろのツボに貼るだけ。貼って数十分以内に鼻水、鼻づまり、目の痒みといった症状が緩和されるだけではなく、その効果は24時間継続するという。
kahun3

原材料にホルンフェイス、チタン、竹炭等を使っています。ホルンフェイスというのは天然石です。これらの自然素材が自律神経の働きを調整し、症状を改善・緩和するというのですが、これだけ聞くとうさんくさくないですか?(笑)僕には”付けてるだけでモテモテ!磁気ブレスレット”や”お財布に入れるだけでお金が貯まる福助御札”と同じように聞こえてしまいます。

神頼み、運頼みは性に合わないので、これら原材料についてググリます。

解りやすいサイトを挙げておきます。

ホルンフェルス
チタン
竹炭

うーむ。原材料については解りましたが、これらの効能がどのように自律神経に作用するのかがよくわかりません。

すいません。使ってみないと判りませんので使ってみます。レポートは後日。

※2019年3月追記
残念ながらこの「花粉レスキューバン」も製造中止になったようです。貼るだけで治るという効能を謳っているのは「花粉レスキューバン」だけでしたが、「アレサガテープ」という、貼るタイプの薬があるようです。

ただ、この「アレサガテープ」は、お薬です。当ブログの基本方針である「体質改善」というテーマに沿わないので、紹介はやめておきます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

花粉 鼻でブロック

鼻の穴にワセリンを塗ると、鼻の粘膜を油分の皮膜で保護するのと同時に花粉の進入も水際でブロックします。方法としては綿棒等を使ってワセリンを薄く鼻の穴に塗ります。ほとんどの花粉が、ワセリンの表面にとどまり粘膜まで到達しないため、どうしてもマスクをしたくないという人にはお勧めの方法です。

参考文献:アレルギーなんかこわくない!―花粉症、アトピー、ぜんそくの治し方

元々ワセリンには保湿や、粘膜の保護に効果があります。ですので鼻の粘膜が常に荒れている人(鼻血がよく出る人や、鼻をかむとティッシュに鼻血が付く人)は、花粉シーズンに限らず普段から塗っておくと良いと思います。

ただ、ワセリンは石油から精製されています。医療用にも幅広く利用されていますが、鉱物油を皮膚(粘膜)に塗るのは抵抗がある、という方はオリーブオイルやゴマ油でも代用可能です。

以下オイルフリー、非乳化、肌にやさしい天然ゲルの化粧品より引用

以前の外用剤は何より「貴重な」「希少で高価」な油分を用いていました。インドや中国そして日本も外用薬はゴマ由来でしたし、ラテン諸国や西欧ではオリーブオイルがそれです。どちらも食用、内服薬でもあったのです。

==以上

僕も手元にあるオリーブオイルで試してみましたが、ワセリンに比べて粘度が低いようです。たくさんつけようとすると垂れます。垂れると鼻の穴の下がテラテラ光って恥ずかしいです。

フマキラーから同様の効果をねらった商品が出ています。
花粉鼻でブロック

●鼻の入り口に塗るだけ!
外出前やお掃除前などに、鼻の入り口にクリームを塗るだけで、花粉をはじめダニのフンや死がい、ペットのフケ、ハウスダストなどの吸入を防ぎます。

●マスクいらず!
マスクのわずらわしさがないから、イライラせずにいつも快適。

●医薬品ではありません。

●眠くならないから安心!
運転中やお仕事中でもお使いいただけます。妊娠中・授乳期の方やお子様にも安心。

●無味無臭なので嗅覚、味覚に影響なし!
塗布直後に食事しても大丈夫です。

●1回の使用で、約4時間の持続効果!

●香料・着色料・保存料は一切使用していません。

==以上フマキラーサイトより抜粋==

専用に開発された商品ですので、使い勝手は良さそうですが、費用対効果で言えば、マスクに軍配。(当然か)

いずれにしてもステロイドや抗アレルギー剤などの薬は絶対に使いたくないという人は試してみると良いと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

腸内環境改善で効果あり

 腸内の環境が花粉症の原因になる免疫細胞と密接に関わっているため、腸内環境を改善させれば花粉症の原因となるIgE抗体を押さえることが出来ます。腸内環境を改善させるには、ヨーグルトが効果的、ということでヨーグルトを食べることにしました。

 一日200gを目安に食べなければいけないのですが、ヨーグルトって結構値が張りますよね。
おまけに僕は乳製品が大嫌いです。これを習慣にするのは難しいぞと思いまして、いろいろ調べたらありました、ヨーグルト菌ってやつです。

■カスピ海ヨーグルトが進化した 人気沸騰 天使のヨーグルト

このタネ菌さえあれば牛乳をいれて常温で発酵させるだけでヨーグルトが出来ちゃいます。これは経済的です。牛乳代しかかかりません。これほしい!

と思ったらありましたよ

台所に・・・

なんでもカミサンが僕のおふくろに分けてもらったそうです。菌はほっとけば発酵して増えますので、元はどこのどなたか知りませんが回り回って我が家にも来ていたそうです。カミサンと子供は毎日ヨーグルトを食べていたそうで、それを知らない俺っていったい・・・

なにはともあれ家族みんなでヨーグルト三昧だ!

 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

黒焼花粉を食す

注文していた黒焼花粉が届きました!炭化したスギの花粉を食べてアレルギーのない抗体を作ってしまおう、ということで理由は分らんがとにかく体に良い黒焼を早速食べてみたいと思います。

見た目はなんだか黒こげのボン菓子のように見える。

ではひとくち。




うっ

ま、不味い

なんですか、この不味さは・・

カサカサと粉っぽくて旨味というモノがありません。
かみ砕いているうちに口の中にゴロゴロした物体が溶けずに広がります。
水、みずーーってかんじです。

しかーし、これくらい体質改善できるのであれば、屁でもありません。とにかく頑張って飲み続けるのだ!

 

| | コメント (4) | トラックバック (2)

毒をもって毒を制す

黒焼き花粉

体質改善のための、減感作療法グッズ、
またまた見つけちゃいました


今度は

黒焼き花粉!!!

昨今ブーム到来の感がある『黒焼き』ですが、
以下黒焼花粉のHPより抜粋 古くから民間の健康法として、用いられている元気になるための、自然素材調理法のひとつです。穀物や動植物を黒焼きすることで、もとの物質とは全く異なった有用性のある物質が出来上がります。昔からよく言われているのは、玄米の黒焼きは血液浄化に役立ち、金柑はせき止め、梅干しは下痢止め、昆布はゼンソク、その他、ナスは利尿作用、ウナギは肺結核に良いとと言われ利用されてきました。 なぜ体に良いのかは、未だに深くはわかっていませんが、とにかく良いのです。

==以上==

すばらしい!理屈は要りません!効けば良いのです!良いものは良いのだ!!

と、いうわけで早速注文しましたよ。黒焼花粉。

花粉エキスと黒焼花粉で体質改善間違いないでしょう。

早く来ないかなー。黒焼花粉。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スギ花粉を飲む!

前回紹介した

Kafunban

スギ花粉エキス「すっきりフォレスト」

スギの花粉エキスとはどんなモノかと想像をたくましくして飲んだのですが、うーん、なんだか懐かしい味がします。表現しづらいのですが、お茶が混ざった、青臭い木の匂いがする、冷たく、茶色に濁った飲み物。て感じです。 いかにも効きそうです。

朝、昼、晩と50mml程度のコップ一杯ずつ飲みました。スギ花粉がたっぷり体の中にはいるのですから結構恐る恐るといった感じで飲んだのですが、何ともありません。いきなりアレルギーを起こすようではなんのための減感作療法か判りませんが。

付属の説明書には一日様子を見て、体になんの変化もなければ、次の日からは飲む量を2~3倍に増やして3,4日で飲みきってしまえとあります。もちろんなんの変化もありませんでしたので、がぶ飲みです。

これでIgA抗体がたっぷり作られていると良いのですが・・。まだ花粉が飛んでいないと思われるので効果があったのかどうかも判りませんが、花粉シーズンがちょっぴり楽しみです。

※2019年3月追記

スーパードリンク花粉番ですが、現在売っているお店はなくなってしまったようです。。
類似商品で似たものは「すぎ・ひのきドリンク」というのがありました。

この「すぎ・ひのきドリンク」、原料は杉と檜だけ!昔から杉や檜は常飲されていたそうな。商品のレビューでも効果があったと書いてあるユーザーが多いので、試して見る勝ちはありそうです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

減感作療法とは?

減感作療法というアレルギー体質改善のための治療法があります。

アレルギー反応の原因物質(スギ花粉などですね。)を主成分とする注射薬を、週1~2回、定期的に皮下注射する免疫療法です。要するに花粉に慣れてしまおうというものです。 花粉が体内に侵入して出来るIgE抗体が過敏なアレルギー反応を引き起こすわけですが、減感作療法は別のアレルギー反応のない抗体を作ります。

前置きが長くなってしまいましたが、体質改善、減感作療法、花粉症、そんなキーワードでググる事20分。

ありました。「経口減感作療法」というんですがこれは、減感作療法が注射によって体内に免疫(抗体)を作るのに対して、抗原を口から直接体内に取り入れ免疫を作る、という治療法らしいです。これなら何回も病院に通う必要はないし、手間もかかりません。

で、口から入れる抗原というのが、スギの花粉から抽出したスギ花粉エキス。そのスギ花粉エキスがボトルになった「すっきりフォレスト」という商品を発見。


速攻で買ってしまいました。結構値が張ります

「すっきりフォレスト」のレポートは次回。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)